育毛シャンプーでヘアケア

40歳前後から女性ホルモンが減るため、頭皮が乾燥したり、髪がぱさついたりしてきます。頭皮の老けは、老け顔を招いてしまうので、気をつけなければいけません。

加齢に加えて自己流の間違ったヘアケアも、髪の成長を妨げることになります。早めに、育毛シャンプーやビタブリッドなどの刺激の少ない育毛剤などを使って、正しいヘアケア習慣を続ければ、頭皮が徐々に健康になって、毛髪の成長サイクルも整ってくるので、髪は美しく変化していくはずです。顔も血色良くハリが出てきます。


毎日の育毛シャンプーで、頭皮マッサージも兼ねてするのが良いです。正しいシャンプーの方法は、まず、シャンプー前に、地肌のちりやほこりを洗い流します。そして、手にとってなじませたシャンプーを、頭皮に優しくなじませ、シャンプーをしっかり地肌につけます。そしてたっぷり泡をつくり、下から上へ頭皮をマッサージするように洗います。丁寧に、小さな円を描いて頭皮をもむような感覚で更に洗います。最後にしっかりとすすぎます。その後、決して頭皮をこすらないようにタオルドライします。


今まで自分がしていた生活習慣を見直すのも大切なことです。私は熱めのお風呂に入っていましたが、少しぬる目の39度くらいのお湯に10分以上ゆっくりつかるほうが、頭皮に良いそうです。それから、朝にシャンプーをすることも多かったのですが、髪が伸びる午前三時から九時までは、毛穴が緩んでシャンプー剤が毛穴に残りやすいので、朝は避けたほうが良いらしいです。それらも注意して、育毛シャンプーを使用した正しいケアで、若い髪を目指していきたいと思います。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans